1. トップページ
  2. 高等教育の認証評価制度に向けた取組み
  3. 学修成果アセスメント(可視化)

高等教育の認証評価制度に向けた取組み

学修成果アセスメント画面イメージ

学修成果アセスメント

学生の学修プロセスの記録、学修成果の可視化、目標、省察(リフレクション)等をとおして、学生の成長とPDCAサイクルによる大学教育の質保証を支援するための統合システムをご提供いたします。

ポイント

学修成果をアセスメントデータとして蓄積(可視化)
ディプロマポリシーに定める学修到達目標に対する学生の到達度を学業成績等から測定・可視化して評価するとともに、学位プログラムの改善につなげます。

蓄積イメージ

目標設定&省察
学生の「学習目標の設定」と学習理解度アンケート(ルーブリック)及び「振り返り」により、学びのPDCAサイクルを実現します。

PDCAサイクル

他システムとの連携
既存の基幹システムやLMS、出席管理、ポートフォリオ・カルテシステム等と自動連携させ、日々の学習記録を蓄積し、可視化を可能とします。

学習記録の自動蓄積

アセスメント構築
教学関係データの集計・分析(教学IR)から、学生生活支援やキャリア形成支援など様々なデータに基づくアセスメントに展開することで、大学の「内部質保証」への取組みに発展させていきます。

IRツール利用時イメージ ※IRツールを利用したイメージです。

ユーザーインターフェイス

レーダーチャート

レーダーチャート

学修活動の評価と検証

基幹システムなどの外部システムから取得した出席や成績データと
日々の学習記録(あしあと)はリアルタイムでレーダーチャートに反映されます。
日々の学修成果が可視化されることで「成長」が実感できます。

目標設定と省察

目標設定と省察

学生サポート

学修活動・学年単位で目標設定と省察の登録が可能です。
また学生が登録した目標と省察には教職員(管理者)からコメントをすることができますので、
学生へのサポートが可能です。

通知機能

通知機能

新着情報の確認

学生の設定した目標や省察にコメントがあった場合、
学生が登録したあしあと(学修記録)が承認された場合などにシステムから通知が配信されます。
学生はスマホやPCからすぐに新着情報を確認することが可能です。

構成

システム構成

イメージ

システムイメージ

弊社では第三期認証評価に対する勉強会、学修成果アセスメント(可視化)等に関するソリューションを提供しています。
お問合せやご相談は以下のフォームよりお気軽にお申し付けください。

お問合せフォーム

INDEX

  1. 01. 第三期認証評価サポート
  2. 02. 学修成果アセスメント
  3. 03. お問合せやご相談