教育機関向けのソリューション開発のSIGEL

  1. トップページ
  2. 高等教育の認証評価制度に向けた取組み
  3. 第三期認証評価サポート

高等教育の認証評価制度に向けた取組み

第三期認証評価

中央教育審議会大学分科会(平成28年3月18日審議のまとめ)において、
「認証評価制度の改善について」が示されました。そのポイントは以下のとおりです。

主なポイント

  • 認証評価において統一的に評価すべき事項として三つのポリシーに関することや、
     各大学における自律的な改革サイクル(内部質保証) に関することを新たに設定。
  • 大学の教育研究活動は各大学における質保証が原則であることを踏まえ、内部質保証を重点的に評価。

その他

  • 評価の質向上のため、認証評価機関に対して高等学校、企業、自治体、学生などのステークホルダーからの意見聴取や、
     自己点検・評価の実施を義務化するとともに、大学の評価結果のフォローアップを推進。
  • その他、学生の学修成果の把握・評価の重視など評価方法の改善、評価の効率化、他の質保証制度との連携の強化など総合的な改革を実施。

(中央教育審議会大学分科会審議まとめより抜粋)

解説

大学の教育理念・目的と三つのポリシーの整合性

既にほとんどの大学は、三つのポリシー(アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー)を定めホームページ等で公表していますが、その多くが抽象的な表現が多く、またポリシー間の整合性に欠けるものが多いと指摘されています。
各大学は、「学位プログラム」の考えに基づき、三つのポリシーについて点検と見直しをする必要があります。

※「学位プログラム」とは、大学等において、学生に学士等の学位を取得させるに当たり、当該学位のレベルと分野に応じて達成すべき能力を明示し、それを修得させるように体系的に設計した教育プログラムのこと。

教育・学修の質保証 学修成果アセスメントシステム

教育及び学修成果の質保証をしていくためには学修成果を可視化・評価するアセスメントシステムが必要となります。「学修成果の可視化」は、「学部学科等の教育目的(ディプロマポリシー)=学生の学修目標」に対して、それが どの程度修得・達成されているかを可視化して検証しようとするものです。

  1. 1個々の学生が学習によりどの程度の知識や技能、経験等を得たか測定(可視化)し評価・検証する
  2. 2教育単位(学科等)において、教育の目的がどの程度達成されているかを評価・検証し、学位プログラムの改善に供する

という二つの面を有しています。

恒常的な組織体制のもと、PDCAサイクルによる内部改革・質保証を推進する取組み

平成30(2018)年度から始まる第三期認証評価の中で最も重要視されているのが「内部質保証」です。これは各認証評価団体が定めるほとんどすべての基準(項目)に対して恒常的にPDCAサイクルによって質保証を推進するための運営組織・体制が機能しているかを評価するものです。そのためには、中長期的な改革目標を定め、全学横断的な組織、また教職協働による取り組みが欠かせません。

語句の理解

内部質保証システムとは

内部質保証: 高等教育機関が、自らの責任で自学の諸活動について 点検・評価を行い、その結果をもとに改革・改善に努め、これによって、その質を自ら保証すること」 (大学評価・学位授与機構『高等教育に関する質保証関係用語集第三版』)
内部質保証システム: 上記で定義される内部質保証を継続して行うための学内 の方針・手続き・体制等の仕組み

内部質保証への取組みと外部認証評価との関係等

大学における「内部質保証」のエンジンとなるのが「中長期計画」である。中長期計画における「取組項目と達成目標の明示」「実行と記録」「点検評価」「改善への取組み」は、そのまま「大学の自己点検・評価」に、また認証評価において、エビデンスとして引用・反映が可能となります。

大学の内部質保証のイメージ

大学の内部質保証のイメージ

弊社では第三期認証評価に対する勉強会、学修アセスメントシステム等に関するソリューションを提供しています。
お問合せやご相談は以下のフォームよりお気軽にお申し付けください。

お問合せフォーム

INDEX

  1. 01. 第三期認証評価サポート
  2. 02. 学修成果アセスメント
  3. 03. お問合せやご相談